1. 概要

17本の細い竹管から成る。竹管は同じ太さだが、長さは異なり、音高も異なる。各管の下部に金属製のリードが付いている。このリードが振動すると、リードから竹管の上部の閉管部分までの空気が振動する。竹管には指孔がついており、音とを出すためには、この孔を塞ぐ必要がある。したがって、孔が開いたままの管は無音である。17本の管は吹き口がついた木製の部分に円筒状に固定される( 1, 2) 。

 

 

Sho-Front.jpg

 

Sho-back.jpg

笙の前部

笙の裏

1

 

 

 

 

Sho-Embouchure-I.jpg

                                             石川高

 

 

Sho-Embouchure-II.jpg

                                             石川高

笙吹き口

2

 


笙は、リードが湿っていると音が出ないので、リードが付いている部分を解くおり乾燥させなければならない。そのために、演奏者はいつもかたわらに電気ヒーターを置いている( 3)。

 

Sho-Hibachi.jpg


リードを乾燥させるための電熱器

3

2. 息づかい

この楽器は、息を吹き込んでも、吸い込んでも、音をだすことができる。

 

3. 調律

笙はA-430Hzに調律される。楽譜に書かれているより実音は1オクターブ高い。

 

4. 音域と指づかい

17 本のうち、15本だけが音を出す。図4は、笙の15の音高を示す。図5は音高と指遣いの関係。

 

Sho-15pitches.jpg

笙の15の音高

4

Sho-Fingerings.jpg

音高と指遣いの関係

5

 

指遣いには基本がある。複数の管を受け持つ指は、それらの音を同時には出せず、一回に一音しか出せない。たとえば、A4とD5(楽譜ではA3とD4)は同時に出せない。というのも、これらの音は左手薬指が担当するからである。例外は、右手の食指で、E5とF#5(楽譜ではE4とE#4)を同時に鳴らすことができる

 

 

sho-spectra.jpg

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

笙の音の四つのスペクトラ

6

 

Figure 6は笙の4つの音(A4, E5, A6, E6 : 楽譜ではA3, E4, A4, E5)のスペクトラムである。基本的に音の全域をカバーしていて、笙の二つの特徴を示している。第一に、すべての音域において、スペクトラムの分布はほとんど変わらない。これは、全域にわたって、音色が均一であることを示唆している。これは、一般的には低音域が暗く、高音域が明るい木管楽器の音質からすると、珍しい。笙の最低音(A4,楽譜でA3)と最後から二番目の音(E6, 楽譜ではE5)を聴き比べても、笙の全般的な均一性がわかる。第二に、 6は全域にわたり、音の第二倍音、第四倍音にエネルギーを保ち続けていることがかわかる。これは部分的には、笙の一音ごとの明るく澄んだ音質の理由となる。

 

5. 伝統的な演奏法

アーティキュレーション:伝統的に日本の楽器ではタンギングは使われず、息づかいによってフレーズは形成される。
   笙の音域は限られており、各管の音量はどちらかというと小さい。したがって、笙の役目は、合奏において、「合竹」と呼ばれる和音を演奏することである。6音まで使うこの和音は、ひじょうに印象的である。 7は、実際の楽曲で使われる11種類の和音である。「十」と「比」を除いて、和音の最低音は和音の基本音と認識されている(楽譜では黒い音符で示す)。

 

sho-aitakes.jpg

唐楽に使われる11の合竹

7

 

一つの合竹から次の合竹への移動は、「手移」と呼ばれる指の微妙で段階的な移動によって行われる。合竹は十分に和音なのだが、熟練した笙演奏家は、ある和音から次の和音へ、どのように旋律的、リズム的な変化するかをよく知っている。この変化は、旋律的であり、リズム的に設定されているが、きわめて印象的である。次の例は、「行」→「一」→「行」の手移である( 1)。

 

TeUtsuri-GyoIchi.jpg

 

 

 

 

 

 

行→一→行の手移りのだいたいのリズム

1

 

2は「越殿楽」のBとCセクションの基本旋律とリズムである。これは、笙が旋律を彩るためにいかに多様な合竹を使用しているかを示す。リズム類型は早四拍子(4小節で1リズムパターン、1小節は4拍)で、1セクションは2フレーズから成っている。調子は平調(ドリア、羽調)で、E, B, Aの三つの音高が頻出する。これは、日本の旋法体系の中の4つの基本音のうちの3つである。(詳しくは「理論/音高」の項参照)

2は、ある合竹から次の合竹への変化を示す。笙の合竹の最低音は、旋律線とされている。したがって、Example 2は、大部分において、笙の和音変化が旋律に沿って「リズム的」であることを示している。ただし、第14小節の第三拍は、必ずしもそうではないことを示す。ここでは、旋律がAなのに、合竹は「乞」=Aではなく、「一」=Bを用いている。ここでは、「一」=Bは、「工」=C#から、太鼓の拍に来る「乞」=Aの間の、経過的な和音と考えることができる。(詳しくは「理論/音高」の項参照)

演奏は伶楽舎。

〈越天楽〉セクションBとCの基本旋律、笙のアーティキュレーション

2

6. 新しい演奏法

アーティキュレーション:演奏家の能力によって、スタッカート、シングル、ダブル、トリプル・タンギングが使われる。

ドローン:笙は基本的に和音的な楽器であるが、旋律や、音色変化をもたらす旋律を演奏することができる。次の例は、二つの異なるドローンによって演奏すれる同じ旋律である( 3)。

 

持続音

 

sho-MeloDrone.jpg

 

3

 

 

フラッター・タンギング:西洋のフルート奏者が普通に行う技法で、舌でFrrrrrという特徴的な音を作る。歯茎音のトリルをすると、この効果が得られる。この技法は、笙のどの音でもできる。フラッター・タンギングは、吹く時と吸う時では異なる( 4) 。

呼気の時のフラッター(強)
吸気の時のフラッター(強)
呼気の時のフラッター(弱)
吸気の時のフラッター(弱)
4

 

アタック和音:素早く和音を出したり、持続する和音で急激に音量を変化させると、効果的である( 5)。

 

フラッターと和音

5

メキシコ人作曲家のフリオ・エストラーダJulio Etrada(1943生)は石川高と協力して、オペラPedro Páramo: Doloritas (2006年) の中で新しい技法を行った。その中には、息づかいの他に、声の使用、さまざまな強さやビブラートで吹く技法などが含まれている。

声の使用

吹きながら歌うことは可能だが、音高のコントロールが非常に難しい。 6Aと6Bで示したように、最も効果的なのは、決まった音高よりも、和音に含まれる音高の周辺を動く音として声を出す場合である。

 

演奏しながら低い音で歌う
しながら高い音で歌う
6A

 

演奏しながら歌う

6B

 

さまざまな強さの息の使用

さまざまな強さの息の使用は、第一に音のアタックに効果を出す。息を弱めると、合竹( 7Aでは「乙」)に入る時の各音の同時性が弱くなる。息の強さの変化が持続的だと, 7Bのように、効果は失われる。

 

息の強さの違い

7A

息の強さの連続的変化

7B

 

様々な速さのビブラートの使用

グラフィック・ノーテーションでも、振動比によっても、ビブラートの速さの変化を示すことは可能である( 8)。1/2", 1/3", 1/4"はそれぞれ一秒間に2回,3回,4回振動することを示している。

 

ビブラートのさまざまな速度変化
8A - 区切って変化する場合
8B -連続して変化する場合

 

管を吹きながら息にノイズを入れることは可能である。唇を緊張させて作る「ホワイト・ノイズ」と、唇を緩めて、強くふいて作る「色つきノイズ」も可能であるが、吹いていない間だけ可能である。Examples 9A, 8B, 8Cにあるように、息の使用は、楽譜ではことばで示される。Example 9Aの矢印は吹き込み、と吹き出し、を示す。

 

乙の気替(きがえ)

9A

ホワイトノイズ

9B

カラードノイズ

9C