龍笛

1. 概要

7孔の竹製の横笛。約40センチ。竹の内側はくりぬかれ漆がぬられている。外側は紐状にした樺が巻かれている。はじめの3つの孔は左手の指で、あとの4つは右手の指に当てられる。吹口は西洋のフルートと似ており、約1.3cmの直径である。

 

RyutekiText.jpg

龍笛

1

 

笹本武志

笹本武志

指使い

2

吹口

3

 

 

2. 調律

龍笛は、下記の譜よりも1オクターヴ高い。A-430Hzである。

3. 音域と指遣い

図4は龍笛の音域でC#4 tからF#6である。全音で示されている音は、7つの指孔の開閉で生じる音、四分音符で示されているのは、指の半分だけの開閉や息づかいで作り出す音である。

 

龍笛の音域と指遣いの楽譜

4

 

C#5 と D#5(譜の C#4 と D#4))は音を出す事はできるが、実際の楽曲では使われない。というのも、音色が貧弱だからである。図5は、龍笛のD#5 と E5 (それぞれ D#4 と E4書かれている)を比べたものである。赤で示されているE5のスペクトラのほうが9つの突出した部分があり、5つしかピークがない青のD#5よりも豊かである。さらに、E5の一番高いピークは、この音がD#5よりも強いことを示している。結果として、E5(譜ではE4)は龍笛の最低音と認識されている。

 

 

 

 

龍笛-D#5-ff

 

 

 

 

 

 

龍笛-E5-ff

龍笛のスペクトラ D#5(青)とE5(赤)ff で吹いた場合

5

 

龍笛にはオクターヴ・キーがない。したがって、演奏者は指遣いと息を強く吹き込むことによって2オクターヴ、3オクターヴを出す。図6は、強い息が音色に及ぼす影響を示す。図6は、上から下へ、E5, E6, E7 (譜では E4, E5, E6)をそれぞれ表す。これらはすべて同じ指遣いである。上段から中段の矢印は、強く吹くと、青で示されたE5から赤で示された(1オクターヴ上の)E6への移行において、E5の音高がE6においても残っていることを示す

龍笛のセメ音域の最初の音であるE6(赤)のスペクトラは、この音域が高い周波数帯が豊かで、2、3、4の浮いた部分が示す通り、軽いことを示している。

龍笛のE7(緑色)を示す下段のスペクトラの赤と黒の矢印は、龍笛に高音域の最初の音であるE7の音においても、E5、E6の音が残っていることを示す。この、蓄積される音によって、高音域が不安定になる。換言するとE5、E6の音を打ち消し、E7の音を出すためには、より強い息が必要になるのである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

龍笛のスペクトラ E5(青)、E6(赤)、E7(緑)をff で吹いた場合

6

 

4. 伝統的な演奏慣習

アーティキュレーション:伝統的に、日本の楽器ではタンギングは使われない。その代わり、フレーズは息づかいで調整され、また、特定の音高は、指孔を軽く叩くことによってアクセントをつける。

 

「押す」 音を弱め、同じ音高で二たび強く吹くこと。アタックは舌ではなく、息を増やすことで行う。 

 

「当てる」:「押す」と同じ。ただし、弱拍で行う。

 

「押す」と「当てる」は一番下とセメ音域のどの音でも演奏できる。

 

押す

当てる

 

 

1

 

「折る手」は、B5からA5(譜では B4 から A4)へ移行する時に、B5をA5に半音ずつスライドさせる動きを「折る手」と言う。前後に何が来るか、についての規定はない。例2は二つの異なる例を示している。

 

折る手

 

ryu-Orute.jpg

 

2

「懸吹」は、四つの決まった旋律型を言う。

弱拍のD6から強拍のE6へ

弱拍のG5から強拍のD6へ

弱拍のE6から強拍のG6へ

弱拍のB6から強拍のB6へ

 

懸吹 D6-E6

懸吹 G5-D6

 

Ryu-Kakbuki1-2.jpg  

3a

 

 

懸吹 E6-G6

懸吹  B6-B6

 

Ryu-Kakebuki3-4.jpg

 

3b

 

 

「叩く」 これは持続音の装飾で、低い方の隣の音を瞬間的に出す技法。二音はふつう、一つの指孔を素早く閉じて、再開すること、つまり、閉じた孔を軽く叩くことで出すが、これによって、低いほうの音にアクセントにする。フクラからセメまで、どの音でもこの技法を使うことができる。

 

「動く」「叩く」と逆に、高いほうの隣の音を含む。指を素早く開けてから、閉じる動きで、もとの音にアクセントを付ける。

叩く

動く

 

Ryu-Tataku-Ugoku.jpg

 

4

 

「まわす」は二つの指孔が関係する旋律の動き。ある音がゆっくりと上の音にスライドし、素早く、一つ下の音まで閉じる。最後の音が強調される。フクラフクラ、セメのどの音でも演奏される。

 

まわす

 

Ryu-mawasu.jpg

 

5

 

  例6は、越殿楽のBとC部分の基本旋律である。この譜は、龍笛がいかに様々なパターンを使い、旋律に彩りを添えているかを示すためのものである。拍節は、早四拍子(1小節4拍、4小節で1リズムパターン)で、1部分は2フレーズから成る。音階は平調で、旋律はE, B, Aに集中しているが、これは日本の旋法大系の4つの基本音のうちの三つである。

    

6に示されるように、龍笛は持続音に彩りつけるために、または連続する二つの旋律をつなぐために、さまざまなパターンを使う。そうすることによって、基本旋律にリズム的な性質を付加する。基本旋律を重ねる場合、ほとんど乱れることはないが、13小節目の旋律音B - C#は、他の楽器では重なるが、龍笛はC# - Dである。この不一致によって作られる緊張が、前の小節の終止形から、つぎの第15、16小節への「移行」を後押しするのではないかと推測する。

演奏は伶楽舎である。

図6 「越殿楽」BセクションとCセクションの龍笛旋律

6

 

5. 新しい演奏習慣

アーティキュレーション: 演奏者の能力により、一重、二重、三重のタンギングとスタッカートが使われる。

フラッター・タンギング:これは西洋のフルート演奏者では一般的に技法で、舌で"Frrrrr"という音を作る。音を出しながら、歯茎音を作るとこの効果が得られる。この技法は、龍笛のフクラ、セメのどこでも可能である

トレモロ:龍笛は伝統的にはトレモロは使わないが、新作では使われる。トレモロの原則は、曖昧な指使いを含まない、はっきりした二つの音高の間で行う、ということで、フクラとセメを超えて行われることはない。セメの音域では演奏できない。

ビズビリャンド:音色を少しだけ変える効果。普通、同じ音高を異なる指使いで演奏して作る。フクラフクラ、セメのどの音高でも作ることができる。指使いまたは唇を作られる。

ハーモニクス:龍笛は強く吹いて1オクターヴ上の音を出すが、強く吹いて1オクターヴと5度、つまり第三倍音を出すこともできる。この技法は以下の四つの音高だけに限られており、出すのには大量の息を必要とする。したがって、大きな音となる。図7の例はE5-B7 のハーモニクス(楽譜のE4-B6)である。

 

ハーモニクス

 

Ryu-harmonics.jpg

 

例7

 

 

「カル」と「メル」:これは唇で作る音高変化の動き。「カル」とは滑り上がること、「メル」とは滑り下がることである。これらは、フクラ、セメいずれの音高でも可能である。可能なグリッサンドの音域は演奏者による。

 

「うごく」:第一孔(左手食指)をすこしあけ、半音高い音高変化を作る。高い音域をのぞき、どの音域でも作ることができる。さらに、左手第一孔を閉じる。したがって、C, C#, Dの音上ではできない。

 

カル と メル

うごく

 

Ryu-KaruMeru&Ugoku.jpg

 

8