琵琶

1. 概要

4絃のリュートで106センチの長さがある。

 

Biwa-FourFrets.jpg

琵琶

四つの柱(フレット)

1

 

 

Biwa-Plucking.jpg

NAKAMURA Kahoru

 

Biwa-PlectraText.jpg

琵琶の背面(平坦)

琵琶のバチ

2

 

西洋の楽器に似ているが、背面は平坦で、胴体は浅い。短い首は4つの柱が付いていて、それぞれ4つの指に対応している。絃は手に持った木のバチではじく。

2. 調絃

 

Biwa-Pegs.jpg

 

 

 

琵琶の音はA-430Hzで調絃する。絃は低いほうから一、二、三、四と名付けらている。調絃は、楽曲の調子によって変えるが、糸巻き(図 3)の操作は滑らかでなく、時間を要する。

琵琶の糸巻き

 

図 3

 

 

琵琶奏者の中村かほるよれば、演奏会で2つの調子の曲を演奏する場合は、あらかじめ2つの琵琶を調絃しておく、という。Figure 4は琵琶の6種類の調絃である。開放絃は第一小節目に記した。それ以下の左手の4つの指の音は、その右の小節に示した。開放絃と第一柱の音程は長二度、第一柱から第四柱の音程は、短二度である。

 

Biwa-Tunings.jpg

琵琶の調弦

図 4

 

音響技師の川崎義人によると、琵琶の薄い胴は、第一に音の反響板で、音を前方に跳ね返す。そのため、琵琶の音ははじいた瞬間は力強いが、残響がほとんどない。その意味で、琵琶の役割は、和音的というよりはリズム的である。その音量を増すために、琵琶奏者は、一音だけでなく、2,3,4柱の音も一緒にアルベジオで鳴らす。絃を弾く動作は、第一絃から(指定された)最後の絃まで連続して弾く。図 5は、一越調の2,3,4絃の音である。

 

 

 

つの音のアルペジオ

 5

 

図 6はアルペジオのアタックの瞬間と、その1秒後のスペクトラムの分析である。琵琶の反響がいかに小さいかがわかる。というのも、わずか1秒後に音のエネルギーの大半が聞き取れなくなってしまうからである

 

 

 

 

Biwa-Dynamics.jpg

 

 

At the attack

 

 

 

 

 

One

second

later

 

アルペジオのアタックの瞬間(上)と、その1秒後(下

図 6

 

アルペジオの最低音は開放絃だが、最高音は指で押さえる音、もしくは開放絃である。開放絃の音を利用することによって、全体の音量が増す。下のほうの音を指で押さえることも可能であるが、第四柱の音から選ばれることが多い。その理由は、最初の三つの柱の範囲の絃の間の距離が短く、たとえば、第三絃の第一柱の押さえると、次の第四絃を触ってしまうからである(図 7)。
結局、和音の中で一つ以上の音を指で押さえることはない。装飾音の中に指で押さえる音が入っている場合は、最後の音は開放絃となる。

 

 

第三柱までの絃の間隔が狭いことにより、上のほうの絃をはじく時に、

すぐ下の絃の第一〜三柱のどれかを押さえることが難しい。

図 7

 

3. 伝統的な演奏法

掻撥(かきばち):バチで下方に向ってアルペジオをはじく奏法。つねにしっかり弾く。常に第一絃から始まり、第二、三、四絃のいずれかで止まるが、それに従って、アルペジオは2または3または4の音を含むことになる。

返撥(かえしばち):バチを上方向に向って弾くアルペジオ奏法。つねに柔らかく弾く。バチの持ち方が返撥と掻撥では異なり、両技法を続けて用いる時は、バチを持ち替えるために少し時間がかかる。返撥は、常に第四絃から始まり、第三、二、または一絃のどれかで止まる。それによって、アルペジオが2または3または4音含むかが決まる。

 

 

壱越調の「掻撥」

壱越調の「返撥」

 

Biwa-Kaku-Kaeshibachi.jpg

 

例 1

 

割撥(わりばち):ダウンストロークで絃を弾くが、2絃ずつに分けて弾く奏法。それぞれのグループは、2絃とも開放絃のこともあり、1絃は開放絃、1絃は指で押さえる場合もある。概して、2絃ずつの2つのグループは、同じ音価を持つ。

掻洗(かきすかし):3音または4音のアルペジオだが、そのうち2音はまとめて弾く。2つの開放絃は、指が触れて音を消してしまうことをさけるために、第四柱を指で押さえるししかないことを考えると、この奏法が可能な範囲は限られる。

 

壱越調の「割撥」

壱越調の「掻洗」

 

 

<

例 2

 

はずす:2つの音高の連続。ただし、最初の音はバチで弾かれ、あとのものは弾かれない。概して、第2の音は同じ絃または、最初の柱より2つ下の柱を指で押さえる。伝統的には、2つの音高の音価は同じである

たたく:「はずす」と似ているが、バチで弾いた音のあとに2音続く。概して、第2の音は、最初の音の隣の低い音、または、下降旋律の経過音となる。3つの音の音価は短・短・長、または長・短・短となる。

どちらの場合も、バチで弾かれない音は、合奏では聞こえない。しかし、演奏者の動作がテンポを保つのに役立っているかもしれない。メトロノームで測ると♩=54よりゆっくりというテンポであることを考えると、筆者には「はずす」と「たたく」は、たとえ聞こえなくても、1小節を半分ずつに分割する動作によって、琵琶奏者に、拍を数える手助けとなると思われる。例外は、「はずす」と「たたく」が第四絃で行われる時で、左手小指で絃を打つ時に少し音が聞こえることがある。

 

 

壱越調の「はずす」

壱越調の「たたく」

 

 

<

例 3

 

Example 4は〈越殿楽〉のセクションBとCの旋律とリズムである。琵琶が、さまざまなーに旋律を彩っていることを示している。旋律の構造は、四小節で1リズムパターン、1小節4拍(早四拍子)で、それぞれのセクションは二つのフレーズからできている。この曲は、平調で基本旋律はE, B, Aの三つの音高、つまり、日本の旋法システムにおける4つの基本音高のうちの3つに集中している。

Example 4はまた、1小節単位の琵琶の旋律型を示している。アルペジオはいつも最低絃から始まり、第二、三、または四絃まで弾く。最低絃は開放絃で、Example 4では「0」で示されている。最後の絃は開放絃または柱である。最高のまたは最後の絃が旋律と一致すると考えられている。この例で示されている弾き方は「掻撥」だが、「はずす」と「たたく」が含まれている。

Example 4は、琵琶の音が、小節ごとのダウンストロークのところで、旋律線をなぞっていることを示している。ただし、第四小節は例外で、旋律はEだが、琵琶のパートはDである。この不一致は、もう一つフレーズが続くセクションの半ばの位置で、主音のEで終止の雰囲気を強調するのを避けるためではないかと推測する。第五小節は、旋律のF# が、琵琶の琵琶パターンの第二拍目で重複される稀な例である。演奏は伶楽舎。

 

〈越殿楽〉セクションBとCの基本旋律と琵琶のフレーズ

4

 

4. 新しい演奏法

バチで絃をこする。

 

 

 

例 5

 

胴を叩く。バチで楽器の表側の黒い革が張ってある部分を打つ。楽器のどこを叩くか、バチをどのように持つか、バチのどの部分で叩くか、によって、音は変わる。琵琶奏者の中村かほる氏は、10種類の異なるリズムを考案してしいる。

 

 

 

例 6

倍音:各開放絃の第二、三、四倍音を、バチもしくは指で絃を弾くことによって作ることができる。いずれの場合も、音量はごくわずかである

 

 

 

指によるハーモニクス

バチによるハーモニクス

例 7