雅楽のレパートリー、合奏の種類、楽器

雅楽という名称のもとには、三つの音楽・舞踊の種類がある。

1. 国風歌舞(くにぶりのうたまい)

日本固有の起源の伴奏付き歌謡。これらは、神楽歌、東遊、倭歌、久米歌などの古代歌謡に基づいている。神楽歌、東遊、倭歌、久米歌の音楽は四の構成要素に分けられる。


2. 管絃と舞楽

管絃は器楽、舞楽は器楽伴奏による舞で、ともに大陸から伝来した。器楽はさらに、伝来元の地域によって二つに分けられる。唐楽は中国起源で、管絃と舞楽の上演スタイルがある。一方、高麗楽は朝鮮半島起源で舞楽でのみ演じられる。

管絃の楽器は三種類に分けられる

舞楽の楽器は二種類に分けられる。

3. 催馬楽と朗詠

9〜10世紀に宮廷で発達した声楽。催馬楽の歌詞は日本語、朗詠の歌詞は中国語(漢詩)である。

催馬楽の音楽は四つの要素から成る。

朗詠は三要素からなる。