鉦鼓

概要

唐楽の管絃、舞楽で使われる三つの打楽器は、鉦鼓、太鼓、鞨鼓である。鉦鼓は直径15センチ(6インチ)ほどの小さなゴングで、漆塗りの枠に吊るされ、木製または石製のバチで打たれる。

 

鉦鼓

図 1

 

 

Perc-Shoko-WoodMallet.jpg

Perc-ShokoStoneMallet.jpg

木製バチ

石製バチ 

図 2

 

図3は、木製バチと石製バチで打った時の鉦鼓のスペトラム分析である。両者の間の音質の差はほとんどないことを示している。

鉦鼓の木製バチ(青)と石製バチ(赤)のアタックの比較

3

 

 

鉦鼓は、左手または右手の一方と両手の二種のアタックがある。後者は右手の方がわずから遅れて打たれる。どちらの場合も、バチは打たれたあと、鉦鼓の上に置かれたままになる。

 

 

右手のアタック

左手のアタック

両手のアタック

 

Perc-ShokoStrokes.jpg

 

石製バチ

 

木製バチ

 

石製バチ

 

 

木製バチ

例 1