鞨鼓

1. 概要

管絃の演奏で使われる三つの打楽器は、鉦鼓、太鼓、鞨鼓である。鞨鼓は小さな樽型の両太鼓で、胴の長さは30センチ(15インチ)で革の直径は15センチ(6インチ)ほどである。二枚の鹿革が約23センチ(9インチ)の円形の枠を覆っている。二枚の革は、鉄製の枠に張られて、革製の紐で胴に固定されている。両面をバチで打つ。

 

Perc-Kakkko.jpg

Perc-KakkoMallet.jpg

鞨鼓

鞨鼓のバチ

図1

 

Kakko-HitBothSides.jpg

                       宮丸直子

鞨鼓は両面が打たれる

図2

鞨鼓は三種類の打ち方がある。単音は「正」と呼ばれる。片手のゆっくりと加速するパタンは「片来」、両手の早い加速パタンは「諸来」と呼ばれる。

 

片来 第二小節

諸来 第四小節

 

Kakko-Kata-Murorai.jpg

例1