雅楽概説(日本の宮廷音楽)

西洋音楽の訓練を受けた視聴者にとって、雅楽の音楽のもっとも驚くべき特徴の一つは、音色、すなわち、音高とは異なる音の特徴もしくは性質、が前面に強調されていることだろう。機能和声と楽器の音の融合による西洋のオーケストラ作品と異なり、雅楽は、「決まった和音」と「非融合」から成る。この独特のサウンドは、アンサンブルを構成する楽器の音響的特性と、それらを混ぜ合わせるための作曲技法に由来する。ここでは、雅楽の中の最も主要なジャンルの一つ「管絃」におけるオーケストレーションに焦点を当てる。このプロジェクトは、雅楽音楽を構成する要素をより深く理解したいと思っている視聴者と、このスタイルで新たな作品づくりを目指す作曲家たちに情報提供することを目的としている。

このプロジェクトは伶楽舎の方々の寛大なご協力によって可能になった。ここに感謝の意を表したい。



伶楽舎